マネー・運用

「5日間オプション買い建て投資術」



「5日間オプション買い建て投資術」







毎月決まった週に、投資チャンスを持ち続けたい

毎月ポケットマネー程度の少額からできるなら、

 投資を始めてみたい

金融危機の様な突発的な暴落をピンチではなく

 大きなチャンスに変えたい

現状の投資にもっとバリエーションを持たせ、

 投資精度や利益を向上させたい

投資に充てられる時間や労力は限られるが、

 毎月決まった時期だけの投資なら可能

チャート、情報収集、相場予測などの細かい事は苦手だが、

 投資は大好き


こんな悩みや欲求を一気に解消してくれる、

圧倒的少数派の一歩先の「知的投資術」です。



●投資術の秘密とその成果


この投資術には、チャート、投資情報、そして予想や思惑は一切必要ありません。 もちろん、相場が上がろうと、下がろうと、どちらでも同様に対応でき利益を狙えます。 ただ、毎月1度現れる株式市場の持つ、ある特性を活用した投資術です。 しかし、その利益率には目を見張るものがあるはずです。



まずは、投資成果をご覧下さい。

以下は、金融危機の真っただ中の2008年10月から2009年4月までの結果です。


尚、数値は、投資術の条件に見合ったオプションへの投資における、投資日と価格のみを表記しておりますので、投資成果の概略をご確認下さい。


・2008年10月  

9日に13円〜20円で買い → 10日に1007円(決済)


*参考のため金額は、(最低単位として)1万3千円〜2万円 → 100万7千円 です。 以下も同様に、価格×1000 が、投資可能な最低単位の売買金額になります。


・2008年11月  

各投資家により投資判断、成果に格差が大きく明確でないため省略

・2008年12月  

基本的に投資条件に合わず、投資見送り


・2009年1月   

6日に20円で買い → 7日に高値70円


・2009年2月   

12日に20円で買い → 12日に高値50円


・2009年3月  

10日に10円で買い → 11日に高値90円

11日〜12日に20円〜11円で買い → 12日に高値35円


・2009年4月 

8日に5円〜20円で買い →9日に高値60円、10日に140円(決済)

9日に10円で買い → 投資失敗で0円



*金融危機時とは真逆の相場環境で、上昇相場の真っただ中、

2005年12月から2006年7月の投資成果はこちら


オプションをあまりご存じの無い方もおられますので、あえて詳細はここでは控えさせていただいておりますが、だいたいの投資成果は、ご確認いただけたと思います。




さて、株式市場にはいくつかの特性や慣習がありますが、この投資術は、

毎月1度必ず現れる特性に焦点を絞り、基本的には、その特性が特に顕著になる「5日間」(営業日)を有効に活用する投資術です。



そして、この投資術では、基本的にチャートや相場情報、特に投資家個人の予想や思惑は、一切必要ないのです。 ただ単に、市場の持つ特性を巧みに利用するだけなのです。




しかし、実はこの特性は、株式や先物投資単体ではそのメリットを受け取り難い性質を持っています。


そこで、

この市場の持つ特性にオプションの持つレバレッジを機能させる事で始めて、 短期間にしかも少額投資で、時には何十倍もの利益をも狙える投資術が完成できるのです。



●人の行く裏に道あり花の山


「ここであなたは、心配かもしれません。」


それは、例えばFX投資もレバレッジが効く事で人気があるわけですが、

FXの場合には、このレバレッジが投資額に掛かっているため、時に損失に対しても大きなレバレッジが働き、大変な事態に陥いる個人投資家が後を絶たないと言う事実です。



「しかし、ご安心ください。」


オプションの場合には、レバレッジは、その価格部分に掛かっていますので、価格変動において何倍、何十倍もの爆発的な変動が可能になるのであって、

リスクに関しては、「投資額に限定」されるのです。


ですので、どんなに損をしても、投資額が0円になってしまうだけなのです。

もちろん投資額が0円になる事も、大きなリスクではありますが、

そこで「少額投資」で大きなレバレッジを効かせる事ができる性質が活きてくるわけです。



人は自分の知らない新しい事に対しては、本能的に抵抗感が働いてしまい、無意識的に 現状を維持しようとしてしまいがちです。



しかし、世の中には 「知らない事で大きな損をしている」 場合がたくさんあります。


これは、投資の世界においても決して例外ではなく、

逆に、生き馬の目を抜くと言われる様に、世界中のマネーと投資家がしのぎを削っている株式市場においては、尚更その傾向は顕著に表れてくる事は言うまでもありません。



しかも、多くの投資家が、「同じようなチャートを使い」、「同じような情報に基づき」、 そして、「同じような投資方法で」、投資を行っていますので、過当競争状態であり、この様な競争で勝ち残るのは、至難の業である事は、誰の目にも明らかなのです。


例えるなら、多くの人が大渋滞の幹線道路をノロノロ運転で進み、目的地に着いた頃には疲れ果て、楽しみも時間も半減してしまっている状態、とでも言えるでしょうか。


「どこかに近道は、ないだろうか。」


あなたも、きっとこう思うのではないでしょうか。


もちろん、幹線道路の重要性を真っ向から否定するわけでは決してありませんし、 それどころか渋滞さえしていなければ、圧倒的に有用な場合も多いのですが、



要は、臨機応変に対応できるための選択肢を複数持っている事、

つまり、大勢の投資家と明確に違う選択肢を持っている事、こそ、重要だと思うのです。


人と同じ様な事をしていて勝てるほど、投資は甘くはないですよね。


誰もの記憶に新しい、2008年秋の金融危機による大暴落の際に、


「売るにも買うにもリスクが大きすぎて、手も足も出ない!」。

と切に感じた個人投資家は圧倒的に多かったのではないでしょうか。



あなたは、いかがでしたか?



「人の行く裏に道あり、花の山」


あまりにも有名で、あまりにも的を射た相場格言ですが、

多くの人にとっては、「宝の持ち腐れ」状態なのかもしれません。

頭では分かっていても、実際に実践できているのは、格言通り、圧倒的少数なのです。


>>>>「5日間オプション買い建て投資術」







●元証券マンだからこその私の思い


申し遅れました、1000倍投資実践会の植田です。


私は、2003年末に行われたオプション取引における税制改正や、ネット証券会社の台頭に伴い、一気に個人投資家にもオプション投資の間口が広がった事をきっかけに、独自のオプション投資術「秘策」を3000人近い方々にご提供させていただきました。



と言いますのも、それまでは課税方式も総合課税(所得と合算)で個人投資家にとっては弊害も多く、また窓口証券会社でのオプション口座開設には、非常に厳しい審査基準や高額の預け入れ資産条件が設けられるなど、口座開設できる投資家は限られていたのです。



私は、1988年から2002年まで証券マンとして14年間証券業務に携わって参りましたので、オプション投資の有用性も熟知していました。


特に、買い建て投資の個人投資家への有用性は長年のクライアントとの取引の中で実証していましたので、当時、まだ殆ど個人投資家には知られていなかったオプションをこのチャンスに是非多くの個人投資家に広めたいと真剣に考えたのでした。



お陰様で思いのほか多くの個人投資家の皆様や投資初心者の皆様にオプション買い建て投資術を認知していただき、ご活用いただく事ができたのですが、


その後、多くのご活用者への情報提供サービス開始のため2006年に販売を終了して以来も、今なおオプション買い建て投資に関するお問い合わせやご要望を数多くいただいているのです。


それどころか、2008年の秋以降には、以前にも増して多くなっているのです。



「秘策」自体は、販売を終了しておりますので、残念ながらご提供できないのですが、 多くのご要望をいただきながら、皆様から寄せられた声にお応えでき、最適だと思える 投資術をここにご提供させていただく事ができました。



その投資術とは、前述の「秘策」の中の投資法の1つなのですが、


その利点は、初心者の方でも気軽に始めていただけ、毎月決まった時期に投資チャンスが到来し、またオプション買い建て投資の中でも、要す労力やスキル、知識、そして何より時間を最低限に抑えた投資術ですが、一番大切な投資成果だけは最大限を目指しています。



しかも、株式投資や先物投資を行っている投資家にとっても非常に有用で、オプション買い投資をマスターする事で、飛躍的に投資スキルをアップさせる事ができるはずです。


そして、これからは、

「いつ金融危機の様な事態が起きても、自分には危機をチャンスに変える秘策がある」、と強く確信して下さい。



●そんなに魅力的なオプションとは?


さて、ところで「オプションとは、何なのか」、大まかにご説明しますね。

ここで言うオプションとは、日経平均(日経225)を売り買いする権利の事で、その権利を取引する市場がオプション市場なのです。

株式市場などと同様に、毎日活発に取引されています。



例えば、もしあなたが9000円で日経平均を買う権利を持っており、現在の日経平均の価格が9500円だとすると、9500円のものを9000円で買う権利なので、差額の 500円の価値が発生し、価格は500円(実際は丁度500円ではありませんが)となり、買い値が500円より安ければあなたはこの権利を500円で売って、利益を手にする事ができるわけです。


この様に取引に関しては、株式などとほとんど同様にお考えいただけます。



では、今度は逆に、日経平均が8500円の場合についてですが、


この場合には、実際の価値は、0円なのですが、実はオプションには毎月決まった期日があり(この期日の事をSQと呼んでいます)、この期日までの間に日経平均が値上がりし、9000円を上回る可能性もありますので、この将来への期待に対し価値が生じるのです。


もちろん期待に対しての価値ですので、価格はかなり安く、数十円や、時には数円などの価格で取引されています。



しかし、実はこの様な場合のオプションが最もレバレッジの効きやすいオプションで、 もし期日までに日経平均が9000円を上回れば、大きな利益になるわけです。



例えば、先ほどの様に、9500円以上に上昇すれば、数十円で買った権利は、500円以上の価値となり、あなたはその価格で売り、何十倍もの利益を得る事も可能なわけです。 もちろん、数円であれば、百倍を超えるわけですが、この様な事も時に起こり得るのです。


以上は、買う権利についてですが、もちろん「売る権利」もあり、考え方は全く同様です。


例えば、9000円で売る権利は、日経平均が9000円を上回る水準では、高いものを安く売る事になり、将来9000円を下回る事への期待価値のみとなります。 逆に9000円を下回る水準では、実際の価値(利益)が発生します。


ただし、「売る権利」の場合も、あくまで売る権利を買う取引であって、売る権利だからと言って取引自体が、売りから入るわけではありません。


オプションについてもう少し詳しく知りたい方は、こちら



どうですか。

今すぐにでも、オプション投資を始めてみたいと感じたのではないでしょうか。



確かに、オプションは間違った活用さえしなければ、魅力的な投資で、買い建て投資では、投資成果が時には100倍を超える事も可能です。


ただ単に、オプションの極端な側面だけを取り上げて持てもてはやす向きもありますが、 実際には、100倍を超える様な超ビッグチャンスは、多くても年に数回程度なのです。



要するに、

「オプションのレバレッジを如何に有効に活用しながら、数倍程度の成果から、数十倍、そして時には百倍の成果までをも全て網羅して狙えるスタンスを持つ投資方法」こそが、問われるわけです。


めったに来ない100倍もの投資成果を闇雲に狙っていては、返って非効率なのです。


だからこそ、(以下の2行はバックを黄色に黒の太字)

魅力的なレバレッジを持つオプションの特性と、月に一度の市場の持つ特性とを巧みに組み合わせて利用する事が重要で、高い精度で大きな利益を狙える投資が可能となるのです。


5日間オプション買い建て投資術

PDFダウンロード版 62ページ


「只今特別価格にてご提供中です。」

価格:3,990円(税込) ご購入はこちら

価格:8,990円(税込・30日間無制限メールサポート付) ご購入はこちら


メールサポートアドレスはこちら → ueda@18kabu.com



●私からあなたへの提案


最後になりましたが、1つ質問です。


「あなたは個人投資家として、投資をどのように位置づけていますか?」


例えば、

1ヶ月間の戦績は、「60戦48勝、勝率80%でリターンは200%超え!」

たまにネット上で、この様な広告を見かけますが、


私は、この様な広告をみると、正直「ゾッ」としてしまいます。

それは、投資を生業にしているプロやデイトレーダーならまだしも、一般的な個人投資家には、この様な投資に投下できる程の時間や労力は無いはずだからです。


また、万一時間があったとして、例えこれで儲かったとしても、

「疲れるだろうな〜」と切に感じ、拒絶反応の方が先立ってしまいます。



それは、私が証券マン時代から、何千人もの個人投資家と関わってきた中で、圧倒的に多くの失敗例、時には大失敗例と、少数の成功例を目の当たりにして、ようやく悟る事ができた、勝ち続ける事ができる投資家の理想的なイメージがあるからに他なりません。


そのイメージとは、


「副業としての投資に徹し、それを確立する事」です。


仕事や家族や時には自分の生活の妨げや迷惑にならず、


そして、何より日々の株価変動や投資成果によって、 日常生活において精神的に不安定になる様では、全くもって本末転倒だと思います。



数年毎に繰り返される相場のうねりの中で、最初は順調に儲けさせて貰った個人投資家も、 「相場の終焉では、そのしわ寄せは、結局個人投資家が倍返しで負わされる事となります。」


そして、圧倒的多数の個人投資家は、巧みに描かれたこのシナリオに知らず知らずの内に見事にハマってしまうのです。


あなたも、そして私も、個人投資家である限り、この事を決して軽視できませんが、 その事を認識し回避すべき方策を取りさえすれば、成果は自ずとついてくるはずなのです。



「人の行く裏に道あり、花の山」

これを実践する事こそ、大渋滞している勝ち組投資家への、一番の近道です。



●今のチャンスを逃さないための決断


一昔前には、仕手株や材料株が全盛で、勢いだけで儲ける事ができた時代もありました。

しかし、市場に規制が整備された現在では、その類の相場が大きく育つ事は難しくなり、何の知識もなく勢いだけで儲ける事ができる時代ではなくなりました。

そして、現在の相場変動を主導しているのは、オプションや先物のデリバティブ市場です。


「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず。」の教えの通り、株式市場で勝ち組投資家を目指す投資家にとって、オプションの知識は最強の軍師だと確信しています。




最後になりますが、あなたの決断の一助になればと、教材の目次を一部ご紹介します。


・オプションとは?P6〜

このマニュアルでは、第一にオプションの基本を正確に理解していただくために丁寧に、そして解り易く、15ページを使ってオプションを説明しております。

基本を大切にする事こそ、投資スキル上達の最短距離だからです。


・5日間オプション買い建て投資術 〜取扱注意 P23〜


・買い(建て)価格と損切りについて P25〜

常識では損切りは投資の肝ですが、オプション買い投資ではその概念は一変、その真理は。


・市場のボラティリティーとオプション価格 P31〜

オプションのみならず、株式や先物取引においても、市場のボラティリティーを投資判断の材料にしていますか?明らかに投資成果に違いが生じるほど、重要な概念です。


・勝率の罠 P32〜

特に、投資初心者が陥りがちな投資の罠である、勝率についての誤解を解きます。 あなたは勝率信者になっていませんか?


・事例の解説 P38〜

投資術を即実践していただける様に、過去の重要な事例を上昇相場と昨年の秋以降の下落相場に分けて、詳細に解説しています。何と10もの豊富な事例を一挙に解説。



などなどです。乞うご期待!

以上は全62ページ中のほんの一部ですが、自信の内容を垣間見ていただけたと思います。 では、今度は実際に手にとってあなたの決断が如何に正しかったか、是非実感して下さい。




>>>>「5日間オプション買い建て投資術」