マネー・運用

季節株投資法

日経平均先物(ラージ1枚)を上昇の月は買い、下落の月は売りで取引すると(横ばいの月はノートレード)、

20年で3988万円の利益が出ます。

複利で運用すれば軽く億は超えます。


個別銘柄なら日経平均より値動き(率)は大きいですので、

日経平均以上の利益が出る可能性が高いです。


また、季節株投資法は1ヶ月単位でトレードしますので、

トレードに必要な作業も月1回(月末)数分のみとなります。


月末にとある株式情報サイト(無料)にアクセス

翌月の季節株リストに記載されている銘柄コードを入力

基準値(3項目)を超えているかどうかを確認(1つでも満たしていない項目があれば投資対象外)

銘柄が多い場合は基準値の高い銘柄を優先

対象銘柄を成行買い

保有中の銘柄が翌月の季節株リストに記載されていなければ成行売り

記載されていれば翌月も継続して保有


項目は多いですが、1つあたり数秒で終わるため、全部で10分かからないでしょう。


以上が季節株投資法の内容ですが、もちろんこれだけではありません。



>>>季節株投資法